トビタテ留学JAPAN!日本代表プログラム

4月から官民協働プログラム トビタテ留学JAPANで働いております。

税金を使わず、企業が学生たちのために留学資金を出す返済不要のプログラムです。

プログラム内容は学生たちが自由に選択でき、14日以上1年未満であれば申請できます。

2016年度の募集は終わっておりますが、次年度の募集が10月から始まるので、楽しみにしていてください。

 

 

広告

学習発表会

本校では学習発表会を行い、これまで学んだことを生徒同士で伝える行事があります。

中学英語科では、2年生は本校の紹介、3年生は日本の文化紹介をしました。

様々なことを紹介することで、普段は気付かないことを深く学べているようです。

誰かに伝えるという気持ちを持つことで、楽しく積極的に英語を学べる機会は非常に良かったです。

サンフランシスコの中学から便り

pen pal交流をしている、サンフランシスコのプレシディオ中学校から便りが届きました。

普段は手紙でのやり取りをしていますが、今回は映像!

現地の学校の様子をビデオで編集して送ってくれました。

中学生らしいビデオになっていて、微笑ましく見れます。

こうやって映像だと多くのことを感じることが出来ます。

ありがたいです。

スピーチコンテスト 鳳凰杯

2002年から鳳凰杯というスピーチコンテストを本校で開催していました。

日本全国で英語を学習する中学生の皆さんが、実際に英語を使い自らの思いや考えを自由に表現し、自らを語る場を提供すべく毎年開催されてました。

コンテストの名称である「鳳凰杯」は、開催地である京都府宇治市にちなみ、平等院のご理解を得て、このように称することになりました。

第10回記念大会では、ファイナリストは平等院鳳凰堂でスピーチをするという、世界でも稀な世界遺産での大会になりました。

惜しまれながらも、2014年度の大会で終結することになりました。

ぜひともPVも見てみてください。素晴らしい仕上がりになってます。

鳳凰杯

カナダ カルガリー 留学エージェント”サクセスカナダ” 北條さん

北條さんは、カナダのカルガリー市とバンクーバー市でサクセスカナダという留学エージェントをしている方です。最初の出会いは、私がカルガリーに留学していた2003年でした。

当時、私はレスリングを7歳のころから15年間続けており、大学4年まで続けた後で違う世界を見てみたいと思い、カナダに留学を決意しました。

その時、単に冬季オリンピックがあったことのあるカルガリーを選び、その時にホームステイ先や語学学校の紹介などをサクセスカナダでしていただきました。

現在在住だからこその情報とサポートをしていただけ、本当に助かりました。

帰国後も信用しているエージェントだからこそ、後輩がスポーツ留学したいと言った時にも真っ先に紹介しました。

カルガリーバレエ団が有名で、バレエの留学も人気のようです。

最近では、北條さんのスイスのご友人が日本に短期留学できないか探しているので、本校はどうか?というお話もいただきました。

こうやって、10数年前の付き合いからお互い発展的な関係になれることは、素晴らしいことだと思います。

サクセスカナダ

http://www.successcanada.ca

私が取り上げられた記事

http://www.successcanada.ca/testimonials2/testimonial_takayuki_mizuguchi.asp

テスト前の取り組み

私は中学2年生の担任をしています。

当クラスは、日本の小学校卒業の生徒や帰国子女の生徒が混合しています。

帰国子女の生徒の中には、5教科を全て英語でするIPSというクラスもありますが、その場合はIPS受講生とだけ別クラスですることになります。

テスト前になると、HR委員(学級委員)が中心になり、クラスで“教えあいプリント“を作成しています。

班ごとに教科を決め、一人一枚その教科をまとめてきます。それを朝私が預かり、終礼までに冊子にして渡します。

1学期までは私が主導していましたが、3学期にもなると生徒から“やりませんか?”と言いに来るようになりました。

教員が色々と教えたり指導することも大切ですが、生徒が自発的に行動し、なおかつチームで役割分担もできて行動できる姿に感銘をいけます。

 

中にはカラフルにしてみたり、絵を描いてみたり、問題風にしてみたり、“なまけると、だめだぞ!”なんてアドバイスもあったりと、彼らでお互いを高めあっています。

そうやって自立できていれば嬉しいです。

IMG_8480 IMG_8481

2014年訪問2 IMG ACADEMY Bradenton Florida US

数年前からアメリカに大型スポーツ施設があることを聞いていました。実際に見てみたいと思い、夏休みを使って見学に行ってきました。

ただただ圧巻!

世界中のトップアスリートがこの施設に集まり、トレーニングをしています。広さも日本では考えられないくらいの広さで、様々な会社がスポンサーになっています。トレーニングもNASAと共同でしており、スポーツにかける凄さを感じました。

さらに、語学学校もあるので、世界中のアスリートが敷地内で勉強もトレーニングもできます。

ここでトレーニングをすることができれば最高ですが、世界にはこんな場所があるんだぞということを見学するだけでも十分に価値があります。

英語を先に学ばなくても、スポーツを通して友人関係を結び、そこから語学を学ぶことができるでしょう。

ぜひとも多くの学生に行ってもらいたいです!

Web site :

http://ja.imgacademy.com

IMG Academy You tube :

IMG Academy in Bradenton Florida

2014年の訪問1 八田先生 Cleveland Ohio US 

数年前に、私と担任副担の関係にあるアメリカ人の先生から言われました。

“今夜、アメリカから父親の友人が来るんだけど一緒にご飯行く?その人は日本人なんだけど、アメリカでレスリングを教えてるんだ。昔から父親と仲が良くて、よく家に遊びに来てた。日本人でレスリングだったら気があうんじゃないかと思って。”

“ん〜忙しいし、アメリカでレスリングってのも、珍しくないからどうやろな。ちなみにお名前はなんていうの?”

“Mr. Hatta”

“うそやろ。。。。”

八田先生のお名前は日本のレスリング界では伝説的なお名前で、私なんかがお知り合いになれる方ではありません。

八田先生のお父様は1930年頃に日本にレスリングを持ってこられた日本レスリングの創始者の方です。

今回お会いした八田先生は、ご子息でアメリカに在住され、アメリカで学生チャンピオンになった後でアメリカのオリンピックコーチにもなられた有名な方です。

その日は夕食をご一緒させていただき、貴重な経験をしました。

その1年後、本校の留学プログラムで八田先生の教えていらっしゃる高校とつながることができないかと思い、オハイオ州のクリーブランドに訪問してきました。

この高校は本校と同じくIB教育をしており、スポーツでは様々な競技で州優勝や、全米優勝しています。

ぜひとも今後良い繋がりをしたいと思います。

St. Edward HS in Cleveland Ohio

学習発表会(2014年)

年末には学習発表会があります。

これまでの、学習の成果をそれぞれの教科で発表します。発表当日は、2部にわけ生徒がお互いに発表内容を伝え合うことを一番の目的にしています。発表した内容が充実していることはもちろん、それを人に伝えることができるかどうかを目標にしています。

英語科では、学校紹介ビデオを作成しました。これまで、ビデパルをやった経験ばあったので、それをもっと本格的なものにしようということで、この企画をしました。

最初に私からこんなものを作ってみようとゴールを見せ、大まかなタイムスケジュールを見せた後は、生徒は自分で動いて作成することができました。

説明文章はまずは自分で作成し、帰国子女の生徒や私が添削しました。ビデオの撮影は私のi phoneで順番に撮影。その後、i Movie に入れ込み編集や字幕の挿入は全て生徒が自分でやりました。

頼りになる生徒です。。。

学習発表会

学習発表会(NG集)

pen palの次はビデオでの交流!ビデパル!

ペンパルに続き、ビデオでの交流をしようと考えました。

ペンパルでも十分に交流はできるのですが、お互いに映像を取り合い学校紹介するのも面白いのでは?と思い実施してみました。

各校とも学校の数カ所を英語日本語で説明し、映像に収めました。これまで、文章で説明していた部分が、映像だと雰囲気や空気感も出て“やはり違う国やな・・・”というのが見えました。

生徒にとっては文章を作る部分でライティング、読むところでリーディーング、映像で説明するところでスピーキングと様々な力が身に付けられることもわかりました。

なんて言えばわかりやすいかな?なんで考えたり、身振り手振りで表現しようとしたり、そんなもがいて考える部分が一番大切だと思います。

2014 Presidio Japanese 1

2014 Presidio Japanese 2

2014 Presidio Japanese 3

2014 Ritsumeikan Uji J2